2014年12月23日

大阪のDDTに行ってきました【後編】

さて、前回の続きです。

酷い成績で(まぁ普段も佐世保で酷い成績なのですが)大阪DDTデビューを果たし、大阪2日目は本来の目的だった仕事を終えてホテルへ戻るとちょうど15時。いざDDTへ・・・・

IMAG0922.jpg
今日は先客の男性が2人。「じんぐうじ」さんと「ヨウスケ」さん。「グラスロード」やりますけど、いかがですか?」と誘っていただく。個人ボードのデザインが私のニガテなあのゲームを彷彿させるが、時計盤ぽい個人ボードの方は気になる。「はい!お願いします!」結果惨敗
「グラスロードなのにレンガばっかし作ってんじゃねぇよ。それじゃオマエ、レンガロードだろ。」と心の中の自分に罵られる。そして「じんぐうじ」さんからこのゲームが私のニガテなあのゲームと同じ作者のゲームだと教えてもらう。なるほど。うん、なるほど(T T

IMAG0924.jpg
ここで私が購入を迷ってるので試遊したいやつにお付き合いいただきました。「すきもの」。全国に散らばる実在の茶器を探し出し、寝かせて高値で売ったり、値段が下がらないうちに売り抜けたり。毎ラウンドの始めに貰える5両を元手に、いち早く50両を手にしたプレイヤーの勝利。結果3位(だったっけ?)。1品モノは誰かが発見して売り払うと、他のプレイヤーが持つ同じ品はゴミと化してしまう。これにまんまとやられました。

IMAG0929.jpg
2人用ゲームの「カルナック」を「ヨウスケ」さんと。特徴的な柱状のブロックを盤上に立てて置き、それを相手プレイヤーがパタリと倒して次の1手を立てるか、倒したくなければパスしてもう一度手番を相手に譲るかを繰り返すだけ。勝敗はどちらも置く場所が無くなった時点で盤を上から見て、3つ以上繋がった自分のマークの島が多い方が勝ち(島が同数の場合は最も多く繋がったブロックの島を作っている方が勝ち)ってルール。・・・ホントこれだけなんだけど悩ましい。結果勝ち。「ヨウスケ」さん、途中で油断した場面があったらしい。島の数は3対3の同数だったため、最も大きい島を作ってた(というか、作らされてた)私のタナボタ的勝利。

IMAG0927.jpg
写真はゲームNOWAの「かぶけん」さん(左)が、試作中の「ココノッツ(仮称?)」を持ち込んで他のお客さんと試遊したりアイデアを求めたりしてありました。実際に採用されそうなアイデアも幾つか出され、私はただただ横で「こんなふうに販売前のブラッシュアップが行われるのかー」と感心してしまいました。他にちゃがちゃがゲームズの「えのもと」さんも来られていました。(「スタンプグラフィティ買いました!」とか、「かたろーぐ通販して欲しいです!」とか話しておけばよかった・・・)

IMAG0931.jpg
ちむちゃん店長が隣のテーブルでストライクの箱を開けてたので「お!ストライク」と反応したらインストとプレイを頼まれました。4人で激戦の末・・・結果大勝利!えぇ。あんましアタマ使わないゲームやった途端にこれですよ。

ちなみに一緒にプレイしたお客さんに「ブログやってるんですが、見てもらったことあります?」と厚かましく質問してみましたが、残念ながら読者は皆無。「まだまだ伸びシロが残されているということか」と自分を慰めた後に、ちむちゃん店長とごいたの話題になり「ブログで花札でごいた作ってみたんですよ」とブログページを見せてたらゲームNOWAの「かぶけん」さんが「えっ!?あの花札でごいた作りはった人なんですか!!あれ見ましたわー!」更にちむちゃん店長も「あーこれ!私もかぶけんさんのリツイートで見た!!」是非実物を見たいとも言ってくださいましたが、前日DDT店内に試遊用のカードごいたがあるのを確認していたので、この日はホテルに置いてきてしまったことをすごく後悔しました。

そんなこんなで閉店時間の23時が近づいてき、「せっかくの機会なのでボドゲ買って帰るか・・・いや、今月はお小遣いの残りが・・・」と、商品棚と睨めっこ。

IMAG0933.jpg
結果3品お買い上げ。ちむちゃん店長スマイル(商品お買い上げ等で無料サービス)もいただいたし、お買い得でした。あっという間の2泊3日大阪出張の旅。ボードゲーム&フィギュアショップDDTのおかげでとても楽しい時間を過ごすことができました。

オマケ・・・
翌日の3日目は早起きして道頓堀を散歩してみました。すると・・・
IMAG0941.jpg

上流から・・・

IMAG0946.jpg

どんぶらこ〜っと・・・

IMAG0947.jpg
ランディー・バースが流れてきました。(最後にいいもん見れた。早起きは3文の徳とは良く言ったものだ・・・ )
posted by のらきち at 14:07| Comment(0) | ボードゲーム雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月19日

大阪のDDTに行ってきました【前編】

12月17日から12月19日にかけて出張で大阪の心斎橋に行く機会があったので、ホテルから徒歩10分ちょいのボードゲーム&フィギュアショップDDTに行ってきました!

「大阪には若い娘が店長を勤めるボードゲームショップがあり、そこでは夜な夜なボードゲーマーが集まって麗しい店長娘とボードゲームに興じている」という・・・

きっと都市伝説である。私の中でボドゲショップの店長といえば、

photo09.jpg
こんなオッサンがやってるものだし、

プレイスペースと言えば・・・

o0800056612076514792.jpgこんな看板の店で、o014001401328992198518.gifこんな店長がやってると相場が決まっているのだ・・・。

油断したが最後、(翌朝、我に返った男は肥溜めに浸かって葉っぱと馬糞で遊んでいましたとさ・・・という市原悦子のナレーションでおなじみのオチが待ってるかも知れない)とか、(でももし、店長が可愛い娘だったら、このお土産の五島特産かんころ餅を手渡してちょっぴり贔屓気味に遊んでもらおう。そして山姥みたいな娘が出てきたら、かんころ餅をぶつけて怯んだ隙に逃げてしまおう。)とかネガティブシンキングしつつテクテクと歩いていくとそこには、

IMAG0901.jpg
どーん。オシャレ看板かっこいい。(帰りにもろて帰ろう)

ビルの9階までエレベーターで上がり、扉を開くと、そこにはパラダイス。

IMAG0906.jpg
ボードゲーム

IMAG0907.jpg
ボードゲーム

IMAG0908.jpg
そしてボードゲーム。右の写真のガラスケースと、ショップ奥の一部には期待してた以上の同人サークルのボードゲームもある!!しばし挙動不審に店内を見回してみると若い女性が3人いる。

「スイマセン・・・こういうお店・・・初めてなんですが・・・」風◯店デビューした童◯のような挨拶をしてしまった。しかもめっちゃ小声。

そこへちむちゃん店長の登場。お土産かんころ餅は投げつけずに手渡し、お店のシステムについて説明を受け、今ちょうどインストから始めるとこでしたとクシディットのテーブルへ。

IMAG0905.jpg
コンポーネントがゴチャッと入ってるわりにはルール簡単。ちょっと引っかかる部分はルールブックを覗きこみつつ。結果最下位。このゲーム、一定ラウンドを終えたら、財産・名声・ギルドの発展の3段階方式で振るい落とされていく。初っ端の財産比較にて僅か1点差に涙をのんだ。脱落したら、他の名声やギルド発展でどんなに高ポイントでも負けなのである。

そうこうしているうちに、BGAやtwitterでお世話になってる「じょな」さんが到着。挨拶代わりにワードバスケットとか。結果惨敗。
あ、写真撮ってなかった・・・ごめんなさい。

IMAG0913.jpg
一休みしてお店の売り物で並んでいるボードゲームを眺める。なんとFerti版タンブリンダイスの新品が。DDT恐るべし・・・

ちらほらとお客さんも増えて、気づけばおでこにクレーンを生やした人が。
Punters-at-Thirsty-Meeple-012.jpg
※諸事情によりイメージ画像でご勘弁下さい。


IMAG0911.jpg
「Lift it!」というゲーム。写真のように手でクレーンを操って指定された形にブロックやボールを積み上げる腕を競う。また、止まったマスによってはおでこに巻いたマジックテープにクレーンを固定し、頭でクレーンを操らなければならない。もの凄いバカゲー臭。そして私の大好物である。結果出前が届いて抜けたので不戦敗。


IMAG0912.jpg
続いて以前から購入を迷っていたエニグマ。ひたすら4種類のパズルをやる内容。協力してポイントを伸ばすか、コツコツと自分だけポイントを稼ぐか・・・私は後者の戦法で勝負するも、じょなさんが規定のポイントに一番乗り。結果惨敗。

あぁ・・・1個も勝てなかった・・・でもエライ楽しかった。明日また来よう!大阪初日の夜はこうして幕を閉じたのです。

・・・つづく
posted by のらきち at 23:53| Comment(0) | ボードゲーム雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月14日

小さな子どもと遊べるボードゲーム その7

クリスマスも近づいてきましたので、久しぶりに子どもたちと遊べるゲームを本立てでご紹介です。

まずはこれ。カードゲームなのに立体的に遊べる「キャプテン・リノ」から。

IMG_20141213_201020.jpg
箱は単行本くらいの大きさです。黄色の箱でおなじみのHABA社は子供向けのボードゲームで有名なメーカーです。

IMG_20141213_201059.jpg
プレイ人数は2〜5人。推奨年齢は5才から。プレイ時間は書いてありませんが、1ゲーム10分くらいですかね。コンポーネントは・・・

IMG_20141213_201230.jpg
スタートカードが1枚。

IMG_20141213_201301.jpg
壁カード。これを立体的に積み上げていきます。プレイを始める前にしっかり折り癖をつけておいたほうがいいです。カードは壁として使うだけなので、重ねて置いておきます。

IMG_20141213_201355.jpg
屋根カード。建物の階層兼、屋根になります。裏向きにシャッフルして、2人プレイなら7枚、3〜5人の時は5枚ずつ手札として配ります。

IMG_20141213_201452.jpg
そしてこのゲームの主役、「キャプテン・リノ」です。

IMG_20141213_201555.jpg
スタートプレイヤーはスタートカードの「L」部分に合わせて壁カードを立てます。

IMG_20141213_201810.jpg
その後、手札から屋根カードを1枚を選んで・・・

IMG_20141213_202129.jpg
壁カードの上に乗せたら次のプレイヤーの手番です。

前のプレイヤーが出した屋根カードの左上に「+1」のマークが書いてありましたので、次のプレイヤーは屋根カードを場札から1枚取って手札に加えます。

IMG_20141213_202217.jpg
更に屋根カードの「L」に合わせて壁カードを置いて・・・

IMG_20141213_202244.jpg
手札を選んで・・・

IMG_20141213_202339.jpg
屋根にします。このキャプテン・リノのマークが書かれたカードを出されたら、次のプレイヤーは壁カードを置く前に・・・

IMG_20141213_202711.jpg
マークと矢印を合わせてキャプテン・リノを屋根カードに乗せなければなりません。このように、プレイヤーが順番に、
@前のプレイヤーが出した屋根カードの効果に従い行動
A屋根カードに合わせて壁を設置
B手札から新しい屋根カードを置く
を繰り返し、誰かが屋根カードを出し切ればそのプレイヤーの勝ち。誰かがビルを倒壊させたら、そのプレイヤーが負け、その時点で屋根カードの手持ち枚数が一番少ない人が勝ち。全ての壁カードを使い切ったら、全員の勝利(つまり引き分け)となります。

屋根カードは他に・・・

IMG_20141213_203239.jpg
「方向転換」・・・手番が逆回転になります。

IMG_20141213_203312.jpg
「一休み」・・・次の手番プレイヤーは1回休みとなり、手番を飛ばされます。

IMG_20141213_203338.jpg
「屋根が2枚?」・・・このカードを置いたら、その上に更に屋根カードを重ねて置くことができます。

IMG_20141213_203300.jpg
「特殊効果なし」・・・何もおきません。

があります。

IMG_20141213_202634.jpgIMG_20141213_203044.jpgIMG_20141213_203448.jpg
他のプレイヤーがカードを置いている時はテーブルに触らないように気をつけましょう。慣れてくると意外に高層な建物が完成するのも、このゲームの楽しさの1つです。

さて、もう1つ。更に小さい子どもと遊べるゲーム「ビークルメモリー」です。

IMG_20141213_203712.jpg
箱。多言語版なので日本も含む国旗マークが。

IMG_20141213_203737.jpg
推奨年齢は2歳半以上。プレイ人数は2〜4人となっています。

IMG_20141213_203809.jpg
箱には男の子ウケしそうな乗り物が書かれた丸いタイルが沢山。オッサン世代は思わずメンコを思い出します。

IMG_20141213_204052.jpg
2枚ずつ同じ絵が書かれたメンコ・・・いや、タイルが16種類で32枚。

IMG_20141213_204103.jpg
消防車やF1カー、ジープやパトカー。

IMG_20141213_204112.jpg
なんかよくわからないクルマも混じってますが、小さい男の子はこんなの大好きですよね。

IMG_20141213_204206.jpg
ルールはトランプの神経衰弱と同じ。伏せて置いたタイル群からペアのタイルを見つけるだけです。2歳半から遊べるらしいですが、最初は「バイク」と「クルマ」の4枚くらいを選んでおいて・・・

IMG_20141213_204258.jpg
「どれとどれが同じかな?」程度から始めたほうがいいでしょう。

IMG_20141213_204739.jpg
このゲーム、ウチの長男(3歳児)もご多分に漏れず大好きで、時々思い出したように「乗り物のゲームする!」とリクエストされます。女の子向けにクマさんバージョンの「テディーメモリー」もありますよ。クリスマスプレゼントにするにはちょっとショボイので、親戚の子どもにプレゼントするくらいならお値段的にちょうど良いゲームではないでしょうか。
↓キャプテン・リノはAmazonか・・・
↓楽天でも購入できます。

↓ビークルメモリーとテディーメモリーもAmazonと・・・
↓楽天で購入できます。
posted by のらきち at 14:37| Comment(0) | ボードゲーム紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする