2014年04月30日

ボードゲーム「TOKAIDO(東海道)」と拡張セット「TOKAIDO CROSSROADS(東海道 4つ辻)」が届いた【その2】

前回の続きです。この記事を執筆する前に念のためググッてみたのですが、TOKAIDOの拡張セットであるCROSSROADSを写真付きでブログに紹介するのは、ひょっとするとウチが国内初かも(もし違っていてもそう思いたい)。

P1020882.JPG
箱。

P1020888.JPG
箱裏。

P1020889.JPG
説明書。はい英語。これも和訳ルールが公開されてるので死角なし。

P1020890.JPG
拡張ボード1枚。拡張カードと拡張サイコロ置き場のようです。

P1020891.JPG
旅人タイル6枚。タイルは既に抜いてあり、1枚ずつ入っていました。プレイヤーの色を示すための丸い風呂敷タイルを入れる穴だけ抜きました。

P1020892.JPG
専用サイコロ1個。目は・・・×、×1、×2、×3、×3、×4。確か鉄火場で博打が打てるようになるので、その時に使用するやつです。

P1020893.JPG
書道カード6枚。書道っぽいフォントだとポイント高かったかも。

P1020894.JPG
お守りカード6枚。全部「御守」の字が裏返ってるのはご愛嬌。ちゃんと(?)ボードも説明書の写真も同じように裏返ってるでご安心を。「健康」と「活力」が欲しいです(リアルで)。

P1020895.JPG
逸品カード6枚。一番右の「書道」には「おやゆびたろう」という謎タイトルの昔話が最初の方のドラマチックな展開が起こらない部分まで書かれています。それでも読みたい人は買ってからのお楽しみです。

P1020896.JPG
桜の木カード6枚。全部同じデザイン。

P1020897.JPG
銭湯カード6枚。これも同じく全部同じ。

とりあえず以上!おそらくプレイするのはGW後半に入ってからだと思うので、それからルールの紹介とかプレイ日記とか追加していきます。乞うご期待!
posted by のらきち at 23:41| Comment(0) | ボードゲーム紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボードゲーム「TOKAIDO(東海道)」と拡張セット「TOKAIDO CROSSROADS(東海道 4つ辻)」が届いた【その1】

半月前に米Amazonに注文して、首を長〜くして待っていた「TOKAIDO」と拡張セット「TOKAIDO CROSSROADS」が届いたので開封の儀ってやつに初挑戦な次第です。

P1020865.JPG
どうでもいいけど米Amazon箱。ガムテのデザインも国内とひと味違います。

P1020866.JPG
箱デザイン。

P1020867.JPG
シュリンクは一部破れていましたが箱には目立った傷も無く一安心。シュリンク破ります。

P1020868.JPG
箱アップ。

P1020869.JPG
箱裏。

P1020872.JPG      P1020870-1.JPG
箱を開けるとフランスの香り        は漂いません(中国製)。



P1020873.JPGP1020874.JPGP1020875.JPG
3つ折りの美しい横長ボード。

P1020887.JPG

もちろん説明書は全部英語。和訳ルールは公開されているので問題なし。

P1020876.JPG
プレイヤー用の旅人タイルとコイン(文銭)。

P1020877.JPG
もう1枚。全部で旅人は10人、文銭は50枚。

P1020878.JPG
旅人駒とマーカー。この人型コマの形状は初見です(少なくとも私は)。

P1020879.JPG
景観カード。頼りない厚みと角があるのとエンボス加工等の処理が無いのは少し残念。デザインが良いだけに尚更。

P1020880.JPG
料理カード・偉業カード・出会いカード、
温泉カード・土産カード。

P1020881.JPG
土産カードのアップ。独楽・湯呑・金平糖・蒲鉾などバラエティーに富んでおり、デザイナーの日本贔屓な面を伺えます。

長くなったので、【その2】に続きます・・・
posted by のらきち at 22:32| Comment(0) | ボードゲーム雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月28日

小さな子どもと遊べるボードゲーム その2

今日は小さな子どもと遊べるボードゲームの第2弾てことで、ねことねずみの大レースをご紹介です。

P1020797.JPG
箱はこんな。

P1020798.JPG
推奨年齢4歳以上、プレイ人数は2〜4人ですね

P1020799.JPG
ボードと、コンポーネントを入れる紙袋(!)

P1020801.JPG
紙袋にはドサーッと、赤・青・黄・緑のネズミが5匹ずつと猫が1匹、大きさが5種類のチーズが4個ずつ。大きめのサイコロ1個。

P1020802.JPG
ボードを広げたら、存在感半端ない腹ペコ猫を「猫のスタート地点」に置きます。数字はプレイする人数を表すので、4人プレイの時は4の場所が猫のスタート地点になります。

P1020803.JPG
3人〜4人プレイの時はネズミを4匹ずつ、2人で遊ぶ時は5匹ずつネズミの住み家に並べます。手前はチーズの国。後述しますが、ここがネズミとなったプレイヤーが目指すゴールなので一番大きなチーズが転がっています。ネズミなら壁を食い破ってチーズの国に行けばいいんじゃないの?とか言うのは野暮ってもんです。

P1020810.JPGP1020811.JPG
P1020809.JPGP1020812.JPG
チーズの国への道中(ボード4隅)にはネズミの親戚の家があるので、そこに描かれたチーズをそれぞれ4個ずつ置きます。

P1020805.JPG
サイコロを振ってスタート。サイコロの目は2・3・4・5と猫(1)が2つとなっています。2〜5が出たら自分の色のネズミを家から出してサイコロの数だけ進めましょう。また、ネズミは同じマスに4匹までしか入れないので、既に4匹のネズミがいるマスには、同じマスに入ったり追い越したりもできません。手前でストップになります。進めなかったサイコロの目を他のネズミに使うこともできません。

P1020806.JPGP1020807.JPG
サイコロで猫(1)が出てしまったら自分のネズミは動かせず、猫が1つ進みます。

P1020808.JPG
これを繰り返して

P1020816.JPG
猫に追いつかれそうになったら先ほど説明したネズミの親戚の家に逃げむこともでき、置かれたチーズを早い者順で1個ずつもらえます。ただし、ここに逃げ込むと叔父のネズ次郎さん(早くに奥さんに先立たれ、寂しいチュー年生活を送っている)や、伯母のネズ美さん(結婚相手に求める理想が高すぎたためにせっかくの婚期を逃し、同じく寂しいチュー年生活を送っている)に「あらヤダ久しぶりじゃないの!せっかくだから上がっていきなさいよ。あ!ちょうどよかった美味しいマゴットチーズあるのよ〜」とか言われ、「ぃゃあの、急いでるっていうかチーズの国に行きたいんで、あといくらネズミでもマゴットはハードル高すぎやしませんか・・・」とか断ろうとしても聞き入れてもらえず、一旦入ったら最後、動くことができなくなってしまいます。「マーウスウス嫌な予感がしてたんだよねーネズミだけに」とか独り言を呟いたところで時既に遅し。

P1020809.JPG
恨めしそうに外を見ると赤いネズミが猫に襲われています。猫に追いつかれた(または追い越された)ネズミはゲームから除外されてしまいます(箱にしまいましょう)

P1020817.JPG
ゲームは進み、回り込んだ猫がネズミの住み家の玄関先まで来てしまいました。「どうも〜お届け物です、ペリカン便ですが〜」「ぁ〜ハイハイ。印鑑印鑑と・・・(ガチャ)あれ?ペリカンさんと思ったらクロネコさん・・・?え?あれ?・・・・・・・・ぁ」

自宅警備員よろしく引きこもりを決め込んでいたニートネズミたちは、ここで猫から一網打尽にされてしまいました。これまたゲームから除外されます(箱にしまいましょう)

P1020818.JPG
そうこうしているうちに、数匹のネズミで腹ごしらえした猫は2周めに差し掛かっています。空腹が満たされた猫は「さて今度は腹をすかせている子どもたちのエサを捕るぞ!」と言わんばかりにスパートをかけます。2周めの猫は矢印に導かれ、外周を走り出します。恐ろしいことに外周のマスには猫マークが1個飛びに描かれています。つまりサイコロで猫(1)が出るごとに2つ進んでネズミたちを追いかけるのです。

P1020820.JPG
あるネズミは猫に捕まり、またあるネズミは親戚に捕まり(?)、一握りのネズミだけが疲労困憊でチーズの国に辿り着き、栄光の「6Pチーズ」を手にします。猫がチーズの国の前に到着するか、全てのネズミがいなくなったらゲームは終了です。手元にチーズをたくさん持っているプレイヤーが勝利します。

このねことねずみの大レース、お値段はチョイと張りますが、ひとつひとつのコンポーネントがしっかりとした木製で高級感があり、子供ウケはもちろん大人が遊んでもワーキャー言いながら結構楽しめます。Amazonでのカスタマーレビュー点が高いのも品質を物語ってますね。ちなみに正規輸入品と並行輸入品がありますが中身は一緒なので安い方を買って大丈夫だと思います。
↓「ねことねずみの大レース」のAmazonでの価格はコチラ!
posted by のらきち at 17:21| Comment(0) | ボードゲーム紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする